ギターの調整・パーツ交換

ヤマハのFGの弦高調整およびブリッジピン・ナット・サドルの交換です。

その前日にも別のヤマハのFGの弦高調整しましたが、今回のものも弦高が12フレット上で5mmほどあります。高すぎです。ナット溝の調整もえらいことになっていました。

トラスロッドを回し、サドルを下げ、ナットの溝を削り調整します。

WIN_20160428_104111サドルとブリッジピン交換前の状態

 

 

 

 

WIN_20160429_105755交換後。

サドルは牛骨オイルづけ。ブリッジピンはボックスウッドです。

 

 

WIN_20160428_104025ナット交換前の状態。

 

 

 

WIN_20160429_105839ナット交換後。

牛骨オイルづけに交換。

 

 

WIN_20160429_105743

 

ネックが弦を張ると持っていかれるので限界がありますが、弦高3mmまで下げました。

最初の5mmに比べると、とんでもなく弾きやすくなりました。

 

カテゴリー: ギター パーマリンク