ギター工房

国産材、桜・楓・欅・胡桃などをサイド・バック材に、トップ材には木曽檜・杉などを積極的に使用して製作しています。
ギターに使用できる木材はかなりの巨木になりますので、国産材で使用できるものは数が少なく入手が困難です。
かと言って国産材だけにこだわっているわけではありません、外国産材でも製作しています。国産材、外国産材ともに色々な木材で他にないギターを製作しています。

木というものにこだわっています。とくに木の持っている個性を大事にするように心がけています。
木それぞれに二つとない美しい木目や色、風合いがあります。

何十年、何百年生きてきた木を使って製作するギターです。ただただ楽器、音を出すだけのものではなく、というものを感じていただけたらと思っています。

個人的に製作して思うことですが、ローズウッドなどの重たい材は深い音で個体差があまりなく安定しています。
マホガニーなどの軽い材はスカッとした音です。
国産材は基本的に軽い材が多く一音一音粒立ちがよく明るい音です。

ブランド志向ではなく他にない自分だけのギター・ウクレレを所有してみませんか?

製作者 山村義成
愛知県の楽器工場に4年・家具工房8年勤務。木工一筋22年になります。

当工房のギターは東京御茶ノ水のアコースティックギターショップHobo’s様でも販売しております。

luthier  yoshi製ギターの特徴

1)すべての工程を1人で完全手作業で製作している世界に1本だけのギターです。

2)おすすめスケールは640㎜(当工房オリジナルの標準仕様)
その他のスケールでも製作しております。
トラスロッド1本・カーボンロッド2本の仕様です。

3)オリジナルダブルエックスブレイシング(当工房オリジナルの標準仕様)
ダブルエックスにすることにより経年変化によるトップ浮きを抑え、ブレイシングを細く高くすることにより強度をもたせ音量を豊かにしています。

WIN_20160215_1551054)ギターの顔であるヘッドはオリジナルの形でアバロンによる不死鳥のインレイをいれています。木材を楽器として再生させる、新しく命を吹き込むという思いからデザインしました。(No.4からのデザインです。)

 

5)製作に使用する木材はかなり個性的だと思います。楓・欅・桜などの材を積極的に使用しています。

 

 

6)バインディングなどの装飾は木にこだわっています。セルなどはいっさい使っていません。

 

 

7)ピックガードも木で製作しています。これもこだわりの一つです。

 

 

 

8)ボディサイズはサイド材を1枚1枚手曲げしていますので可能な形であればあらゆる形を製作できます。
おすすめのスモールジャンボは幅と厚みがドレッドノートと同サイズですので音量が豊かで、クビレがあるのでとても抱えやすい形状です

WIN_20151210_121808

9)木彫なども入れたりできます。左の写真はナイフ1本で掘り込みした桜です。

 

 

10)塗装は高級ラッカーです。

11)基本的にボブレンのハードケース付きです。

12)他では断られるものも技術的に可能であれば製作しております。

 

 

 

 

オーダー製作しております。お気軽にご連絡ください。

 

製作中のギターの進行状況

 

 

 

トップ:木曾檜 サイド・バック:朱里桜 オーダー品 完成

 

 

 

 

 

 

 

トップ:国産杉 サイド・バック:欅 クラシックギター完成・販売中

 

 

 

オーダーお待ちしております。

 

製作中のウクレレの進行状況

テナー トップ:木曽檜 サイド・バック:胡桃 完成販売中

ソプラノ トップ:国産杉 サイド・バック:欅 完成販売中