No.19のギター(木曾檜・朱里桜)

luthier yoshi製 No.19のギターの詳細です。
京都府のY様オーダー品

トップ:木曾檜
サイド・朱里桜
ネック:マホガニー(トラスロッド・カーボンロッド2本)
指版:縞黒檀
ブリッジ:縞黒檀
バインディング:縞黒檀
ヘッドつき板:縞黒檀スロテッドヘッド
ポジションマーク:なし
サイドポジションマーク:パール貝
ピックガード:なし
ブレイシング:オリジナルノンスキャロップダブルXブレイシング
ペグ:ゴトー(コスモブラック)
ボデイサイズ:お客様要望の形(12フレットジョイント)
スケール:639mm
ケース:お客様のご用意していただいたケース

マーティン12フレットジョイントのOOサイズよりさらに小振りのサイズですが、
とんでもなく音量が豊かで単音単音がはっきりしており、国産材特有の明るい音です。
国産材の素朴な美しさを生かすため極力シンプルな仕様で製作しております。

納品後のお客様の声
家でゆっくり弾いてみましたが,素晴らしいです。やはり国産木のためか,いままで弾いたことのない感触とトーンです。
サウンド全体は明るく,軽めですが,豊かな低音からブリリアントな高音までバランスがいい気がします。
特筆したいのは,工作技術の高さでしょうが,イントネーションが素晴らしく,高フレット音域でもオクターブの音がずれずに出てきます。これは卓越していると感じます。チューニングして,開放弦と低いフレットで弾くと和音が合うのですが,高フレットを弾くと微妙にずれることが,いわゆる高級なギターでも多かったのですが,貴殿製作は私の聴き取れる範囲では非常にピッチが正確で,きれいに弾けます。
これはいわゆる平均律の問題もあり,普通のギターの宿命と読んだことがありますが,私の耳にはそこまで聴き取れません。倍音もきれいです。コードを弾いたときのセパレーションもきれいです。
フィンガーピッキングで強いタッチで弾いてもストラミングしても対応する能力があるようです。さらにこれから経年と共に変化していくのではないでしょうか。サウンドの角が取れ,柔らかく,温かみのある音が出てくればいいと思っておます。

カテゴリー: ギター パーマリンク