アコースティックギターのトップの製作

トップの製作です。トップ材には、シダーを使いました。

まず、トップ材の形をある程度切り出してサウンドホールとパーフリングの溝をルーターで掘ります。

その溝に厚み0.5ミリの黒と白の木を重ねてはめ込みます。

次にブレイシングのスプルースを切り出します。

ブレイシングにはアールをつけます。

 

決まった位置に接着していきます。

クランプが少ないので一つ一つつけてます。

はぁ~。クランプほしい~。

 

ブレイシングを削っていきます。

ノンスキャロップのXブレイシングですが、細くて高いブレイシングにしています。

 

こんな感じです。

 

 

次にサイド材をトップのアールに合わせて鉋とノミで削ります。

ライニングはブレイシングのはまる箇所を切り欠きます。

 

トップとサイドの接着です。

木を突っ張らせて圧をかけます。

 

ボンドのつけた箇所すべて突っ張らせます。

 

 

トップの製作は完了です。

が、気になるところはトップをタッピングしながらブレイシング削ります。

カテゴリー: アコースティックギター製作記 パーマリンク